無職でもカードローンは持てるの?

カードローンは昔に比べて、正社員だけでなく、アルバイトやパート、派遣社員方でも申込みできるカードローンが増えてきています。

 

パートやアルバイトといっても収入があるので申込みすることが可能ですが、では「無職」の場合はどうなのでしょうか。無職イコール収入がない、ということになるので基本的に審査をクリアすることは難しくなってきます。

 

金融機関もサービスで行っているわけではないので、返済能力が望めない方にお金を貸すということは、とてもリスクが大きいと言えます。試しに申込みすることは可能ではありますが、審査を通る、と言うのは難しいでしょう。

 

しかし無職であっても審査に通ることができる人もいるのです。ここでは上手なお金の借り方をはじめ、借り入れしやすくするために必要な知識などを学んでいきましょう。

 

一定の収入がある配偶者がいる主婦の方

 

自分で仕事をして収入を得ていない専業主婦の方の場合は、無職と思われてしまいます。そのためカードローンの審査を通るのは難しくなってしまいますが、最近では主婦専用のカードローンと言うものもできているのです。

 

本人が働いていなくても配偶者の方が一定の収入があるのであれば、審査に通りやすくなり、配偶者の方の収入証明書が必要となります。

 

また主婦専用のカードローンは融資金額が低めに設置されていることが多いです。

 

今が無職でも働き先が決まっている場合

 

全く無職であればやはりカードローンの審査を通ることは難しくなります。収入が全くない人にお金を貸してくれるようなところは怪しい所だと思ったほうがいいでしょう。

 

しかしカードローンには、今は無職であっても仕事先が決まっているなど、この先に働く予定になっているというのであれば審査に通りやすくなることがあります。

 

そのため、現時点で無職であっても一度申込みをしてみると良いでしょう。