審査に通らないのは信用性の欠如が原因

クレジットカードやカードローンに申込んだ場合は審査を受けることになりますが、審査に通る人と通らない人がいます。

 

審査に通るということは申込者が必ず返済してくれると信用されたからであり、信用されなかった人は決してカードの利用が認められません。審査に通らなかった申込者は以下のことが要因になっています。

 

過去の返済事故

 

過去に、カードの支払いにおいて3カ月以上の延滞や債務整理などのトラブルを起こしていると、自動的に審査には通らなくなります。

 

クレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者は貸金業法による指定信用情報機関制度によって、すべての利用者の信用情報を共有できるようになっています。また、審査の時には信用情報機関に申込者の信用情報を照会することが義務付けられているため、必ず返済事故を知ることになります。  

 

そこで、審査に落ちないためには、返済事故を起こさないように返済を口座引き落としにするなり、返済日の案内メールの受信サービスを受けるなりなどの工夫をすることが肝心です。

 

過度な貸金業者の利用

 

審査においては他社のクレジットカードやカードローンの利用件数も大きく影響することになります。あまりにも多くの業者を利用していると、返済不能に対する疑念から審査に落ちる可能性が高くなります。 

 

クレジットカードによるショッピングは総量規制の対象にはなりませんが、クレジットカードを利用したキャッシングや、消費者金融のカードローンは総量規制の適用を受けるため、年収の3分の1以内という貸出制限があります。  

 

たとえ、現在の借入金額は少なかったとしても、複数のカードを所有しているだけで将来の貸出額の増額が疑われることになります。利用していないカードは解約するなり、カードの利用を一本化するなりしてカードの枚数を減らすことが賢明です。