審査の通りやすい金融機関を選ぶ際のポイント

あなたがもし、正社員で一定額の収入があり安定していて十分な返済能力があるのでしたら、どの金融機関に申し込んでも審査は問題なく通ることでしょう。

 

ところが、世の中正社員の方ばかりではありません。雇用形態は多様化し、契約社員やフリーターやアルバイト、派遣社員といった時給制で収入を得ている人も多いでしょう。不安定な収入であるがゆえに審査が難しくなっている方も多くいます。

 

そこで、比較的審査の通りやすい金融機関というのもあるのですが、そういった金融機関を選ぶ際に注意すべきことをご紹介しましょう。

 

借入可能金額は低く設定

 

いくつかの金融機関は審査が緩く通り安いです。その中にはフリーターやアルバイトを対象としたものや、主婦を対象としたものも存在します。

 

比較的審査がゆるいたということは、どこの金融機関にも言えることですが、借入可能金額が低く設定されている、という事です。

 

カードローンを利用して、生活費の少し足りない部分を補うという程度でしたら問題ないでしょうが、大きな金額の買い物をするのが目的で利用したいと思っている方は事前に確認が必要です。

 

金利は高いケースも

 

審査が通りやすいということはリスクもあるため、金利が割りと高めの設定である場合もあります。給料日前に少し借りて、給料日後にすぐに返すような短期間の利用を前提とすれば問題はないでしょうが、金利にも注意が必要です。

 

ただ、数年前より金利は法律によって上限がきちんと決められているため、法外な金利を請求されるようなことは闇金融ではなければありえませんので安心です。ただ、金利は少しでも低い方が良いに決まっていますよね。

 

WEBから気軽に利用できる

 

最近はスマートフォンを持っている人が多くなりました。金融機関もスマートフォンに対応出来るようになり、申し込みが出来るのはもちろんですが、今現在どのくらい借入残高があるのか等も確認が出来るため、管理がしやすくなりました。使い勝手が良いWEBやアプリの機能が充実しているところを選ぶのもポイントの1つとなります。