カードローンの審査に落ちる可能性がある3つのポイント

カードローンの審査に落ちた原因となる主な3つのポイント

 

お金が必要でカードローンの申し込みをしたものの、審査に落ちてしまい利用できないことがあります。カードローンの審査に通過できない原因には、主に3つのポイントが関係していることがあります。もし一つでも当てはまるものがあれば、それが原因だと考えて間違いないでしょう。

 

カードローンの申し込みに必要な条件

 

カードローンの申し込みにはいくつかの条件が設定されていますので、申し込む際に公式ホームページなどから確認するようにしましょう。

 

カードローンの中には利用できる人の年齢制限があったり、一定収入がある人のみが利用できるものがあります。カードローンによっては在籍確認があり、会社に属していなかったり正社員でなかったりすると利用できないことがあります。

 

 

他のカードローンに同時に申し込みをしている

 

基本的にカードローンの申し込みをする時には、一つの審査のみ受けられることになっています。もしカードローンの審査に落ちた時に備えて、別のカードローンにも申し込んで審査を受けていると、同時に2つのカードローンに申し込めないという理由で利用できないことがあります。

 

カードローンの申し込みの履歴記録は消費者金融1社だけの情報ではなく、各社で共有できるようになっています。このシステムによりカードローンを返済するために別のカードローンを利用して多重債務者になったり、多額の融資をうけて犯罪が起きたりするのを防止することができます。カードローンの審査に落ちてしまったら、カードローンが重複していないかを確認してみましょう。

 

過去にカードローンでトラブルが起きたことがないか

 

過去にカードローンを利用していてトラブルが起きた人の場合にも、記録が残っており審査に落ちてしまうことがあります。例えば、過去にカードローンの支払いが頻繁に遅延していたことがあるなら、それが原因で審査に通過できなかった可能性があります。

 

過去の利用履歴は信用情報機関に記録されていますから、カードローン各社が情報を共有できるようになっています。とはいえ情報の保存期間はそれほど長くありませんから、一定期間が過ぎれば再び審査に通過して利用できるようになるかもしれません。

 

もしカードローンの審査に落ちたら、過去にトラブルが起きていなかったかを確認してみましょう。