カードローンの返済に行き詰った場合の対応

カードローンを利用する場合は、事前に「返済シミュレーション」を使って自分の収入に見合った金額かどうかを確認してから借入をするべきです。その場しのぎの借入をすれば、必ず後で破綻が来ます。

 

とはいっても、一度借りてしまったお金を返済できなくなったら放っておくわけにはいきません。カードローンというのは無担保・無保証人のローンなので、金融業者と利用者との間の信用で成り立っています。従って、信用が無くなればその時点で取引が解消されることになります。

 

そうならならないためには、まず金融業者に相談をすることです。例えば、その月の返済が厳しいだけなら返済期日の延期を依頼すれば、おおかた了承してもらえます。ただし、その間の遅延損害金は支払わなければなりません。 

 

一番いけないことは返済が長期間滞ることが明らかなのに、報告を無視したり、嘘をついたりすることです。金融業者からの信用を失うと、その記録は信用情報機関に登録されることになるため当該業者だけではなく、すべての金融業者を利用することができなくなります。

 

また、金融業者も貸付金を回収することが最優先事項でもあるため、よほどの悪意的な行為をしなければ裁判所に訴えて差し押さえを図るようなことは無く、返済期間を延長して回収を図るようにしています。 

 

複数ローンがあって返済が困難になった時は

 

ちなみに、複数のローンを利用しているために返済が苦しくなっているのであれば、おまとめローンの利用を検討すべきです。おまとめローンは借入額が大きくなるだけに、貸出金利が低くなっているため、月々の返済金額は若干楽になります。また、借入先が1社になるため、対応もしやすくなります。  

 

なお、おまとめローンというのは返済専用のローンであるため、完済するまでは追加の借入はできません。当然、他社のカードローンに新規に申込むということもできません。

 

違反すると、借入金の一括返済を要求されるようになります。借金生活を解消するためにはおまとめローンを利用して、自分自身を厳しく律することも必要です。