カードローンで返済が遅れてしまった場合

カードローンの返済日にうっかりATMへの入金を忘れてしまったり、口座振替の残高が足りていなかったりするというケースで返済が遅れるということもあるかもしれません。

 

本来、そのようなことは絶対ないように注意をしておかなければなりませんが、人間ですので失敗するということもあるでしょう。もし、遅れてしまったという場合には、催促の連絡がきます。多くの場合には、郵便物での連絡になるでしょうが、場合によっては電話がかかってくるということもあり得ます。

 

厳しい取り立てが来るのでは、と怖いイメージを持っているかもしれませんが、普通は怖い取り立てを行うようなところはありません。これは、取り立てに関しては法律で決まりがあるからなのです。とはいえ、できるだけ早く入金するようにしましょう。

 

また、返済が遅れた場合には、延滞記録が残されてしまいます。このような記録は、金融業者全体で管理されていますので、他の業者から借入する時にも影響します。一度掲載されてしまうと、その記録が消えるまで数年以上の時間が必要となりますので、そのような観点からも延滞しないようにしなければならないのです。

 

延滞してる期間はどうなるの?

 

さらに、延滞しているような期間は、カードローンを利用できなくなってしまいます。ちょっと遅れただけですぐに入金をすれば、そのタイミングで利用を再開できるケースもありますが、延滞の状況が酷くなると入金してもすぐに利用できない可能性もあります。

 

もう一点気を付けておきたいところは、延滞するとその分お金を取られてしまうということです。これは、遅延損害金と呼ばれているもので、20%という高い率が設定されていることが多いので、延滞するとそれだけ損をしてしまうことになります。

 

金融機関によっては、もう少し低い率の遅延損害金を設定しているところもありますが、そのような事態をまずは避けるべきなのです。少し遅れるだけでもさまざまなデメリットがありますので、返済は遅れないように気を付けましょう。