銀行カードローンは低金利!

銀行カードローンにはあらかじめ最高金利と最低金利が設定されています。

 

どうせ借りるのであればできるだけ低い金利で借り入れをしたいと思うのが当然のことです。そこで、ある銀行のカードローンでは最低金利が3.5%、最高金利が12%に設定されているとします。

 

ここで10万円の借り入れをするのに最低金利の3.5%だったら非常に低金利で嬉しいのですが、実際のところでは10万円程度の借り入れだと最高金利が適用されてしまう可能性の方が高いようです。

 

借入金額によって適用金利が異なる

 

銀行カードローンの適用金利は借り入れする金額によって変動します。一般的に借入額が多いほど低金利、借入額が少ないほど高金利になります。

 

銀行カードローンを選ぶ際には最低金利の低いところを選んでしまいがちですが、大事なのは「最低金利」ではなく、「借入額に対して金利が優遇されているところ」を選ぶことなのです。

 

例えば、100万円借り入れしたいとします。その場合は、それぞれの銀行カードローンで100万円に対していくらの金利がつくのか調査し比較する必要があります。

 

ある銀行カードローンの最低金利が3%台で魅力的に感じたとしても、金額に応じて金利は変動するので100万円だと10%になるものもあります。

 

一方で、最低金利は5%ですが、8%の金利で100万円が借り入れられるものもあります。この二つの銀行カードローンを比較したら、100万円に対しての金利が低い後者を選ぶべきですよね。

 

このように、賢く銀行カードローンを選ぶポイントは、単純に最低金利と最高金利をみて選ぶのではなく、自分が借入しようと思っている金額に対していくらの金利がかかるのかに注目することが大事なのです。