銀行カードローンの利用が住宅ローンの審査に影響を与える?

すでに銀行カードローンを利用していて、さらに住宅ローンを検討している場合、住宅ローンの審査に銀行カードローンを利用していることが影響を与えるのでしょうか。

 

気になる方も多いと思います。住宅ローンの審査はシビアだと言われています。銀行カードローンを利用しているということは現時点で借り入れがあり、住宅ローンを組むということは追加で借り入れをおこなうということになってしまいます。こういったケースの場合、審査はどうなるのでしょうか。

 

銀行カードローンの利用は審査に不利?

 

結果から言いますと、銀行カードローンを利用していると住宅ローンの審査はかなり厳しくなると思われます。ですから、銀行カードローンを利用しているのであれば、先に解約しておくことをおすすめします。

 

解約してから住宅ローンの審査を申し込むようにしましょう。場合によっては、住宅ローンを申し込んだ時に銀行カードローンの解約証明書を見せて欲しいと言われることもあります。

 

銀行カードローンを利用していることを伝えなければわからないのではと考える人もいるかもしれません。しかし、信用情報機関に照らし合わせれば利用状況はわかってしまいます。

 

つまり、銀行カードローンの利用を黙っていただけで、審査の上で悪印象をもたれてしまう可能性まで出てきてしまいます。

 

銀行カードローンの返済は済ませておくべき?

 

このように銀行カードローンの借り入れは、住宅ローンの審査を通過するためにはデメリットでしかありません。

 

住宅ローンを検討しているのであれば、銀行カードローンの借り入れをすべて返済し終わってから審査を受けるようにしましょう。

 

同じ銀行での借り入れだと問題ない場合もある?

 

ただし、利用したい住宅ローンと、現在借り入れをおこなっている銀行カードローンが同じ銀行であるケースだと、審査をパスできる可能性も出てきます。同じ銀行だとそこまで審査は厳しくないと言われているのです。

 

その場合でも、借り入れ残高があるような時は影響はゼロではありません。全額返済しておくことにこしたことはないでしょう。