銀行のカードローンは審査が通りにくいというのは本当?

銀行、と聞くと融資に対して審査が厳しかったり審査時間が長かったりというイメージを持たれてはいませんか?

 

むしろその逆で、銀行のカードローンは消費者金融会社と比べて審査が緩いと言われています。とは言え審査が緩いのであれば、誰でも審査に通るのかと言われれば、それも違います。

 

収入などがしっかりある方でも、過去に遅延や延滞を繰り返していたなどの情報があれば、やはり審査を通るのは難しいと言わざるを得ません。銀行のカードローンの利用を希望される方の多くの理由は、銀行のカードローンは総量規制の対象外であるという事が大きいと言えます。

 

消費者金融会社では年収の3分の1以下しか借り入れを行えませんが、銀行はこの規制外になるため年収の3分の1以上を借り入れたい方は利用したいのでしょう。

 

銀行のカードローンが選ばれるのは審査の緩さ

 

銀行のカードローンが選ばれるもう一つの理由として挙げられるのが、冒頭にも述べた審査の緩さ、にあります。消費者金融会社に借り入れの申し込みを行った方がそこでは審査に落ちてしまったけど、銀行のカードローンに申し込んだら審査に通ったという話は、実は割りとよくある事なのです。

 

銀行はこれまで主に法人を対象とした融資を行って来ましたが、近年は個人に向けた数多くのサービスを展開するようになっています。このような事業の拡大の一端として、銀行のカードローンが登場し数多くのユーザーを取り込む事で間口を広げようとしているのです。

 

銀行のカードローンを申し込む上で、より審査を通過しやすくするためには返済能力が十分である事をしっかりアピールできるかが大きな鍵と言えるでしょう。ご自身の返済能力に対する評価が気になる場合は、とにかく一度審査だけでも受けてみるのがよいと思います。