利便性の向上した銀行カードローン

カードローンを扱っている業者を大きく分けると、消費者金融と銀行があります。

 

従来、カードローンと言えば消費者金融の独擅場でもありましたが、最近は銀行カードローンの利便性が向上したことから銀行カードローンのシェアが高まっています。

 

そして、銀行カードローンでも以下のことができるようになっています。

 

借入金の使途が自由

 

従来、銀行のローンというと、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、借入金の使い道が決まっている目的別ローンになっており、借入金は利用者が使うというよりも、製品の販売先やサービスの提供先に支払われていました。従って、利用者は借入金を返済するだけの形になっていました。

 

しかし、カードローンでは借入金の使い道は利用者の自由となっており、遊興費に使おうと、商品の購入費に使おうと、生活費に回そうと、利用者が自由に決めることができます。

 

何度でも借入可能

 

目的別ローンというのは証書貸付になっており、借り入れるごとに新たに契約を結ばなければなりません。ところが、カードローンというのは一度契約が結ばれると利用限度額が設定され、その利用限度額の範囲内であれば、利用者がいつでも好きな時にお金を借り入れることができます。

 

例えば、利用限度額が50万円に設定されている場合は、50万円の範囲内ならいくら借り入れようと、いつ借り入れようと、いちいち銀行に申込む必要は無く、ATMから自由にお金を借り入れることができます。

 

インターネットからの申込と自動契約機の設置

 

最近は、ほとんどの銀行カードローンにおいてインターネットからの申込を受け付けています。また、自動契約機を設置している銀行カードローンもあります。

 

そのため、インターネットから申込んで自動契約機からカードを発行してもらうようにすると、時間を掛けずに即日融資が可能になります。

 

低金利での借入

 

銀行カードローンの最大のメリットは、消費者金融カードローンとは比較にならないほどの低い金利で借入のできることです。従って、支払う利息が少額になり、返済総額も少なくて済みます。