甘いと言われる銀行カードローン

住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどの銀行が行うローンの共通した特徴として審査が大変厳しいということが挙げられるのではないでしょうか。

 

銀行からこういった借り入れを行う方は多いでしょうが、この厳しい審査が一つの壁となり幅広い利用の妨げとなっていたのも事実だと言えるでしょう。経験した方ならお分かりだと思いますが、これまで銀行から融資を受けようとする場合は、その厳しい審査を通る必要がありました。

 

ですが近年、広がりを見せる銀行カードローンは、個人が気軽に銀行から融資を受けられることによって利益を上げようと考える銀行側の経営戦略により、より身近で手軽な借り入れを可能としたと考えられます。

 

そういった理由から金利も低く審査も甘いと言われる銀行カードローンが登場したわけです。借り入れ限度額も50万円から500万円と大変幅広くご用意されており、そこも選ばれる理由の一つではないでしょうか。

 

甘いと言われる審査

 

まず一つ大きな特徴として総量規制の対象外であることから、銀行系カードローンは年収の3分の1を超える借りれも可能であるということが言えるでしょう。

 

消費者金融系のカードローンであれば年収の3分の1を超える借り入れは不可能なため、そこを指して甘いと言われる所以かもしれません。当然返済能力の有無は確認しますが、他のローンと比較するとかなり設定自体が甘いと言えるのではないでしょうか。

 

他のローンであれば収入面などを総合的に判断し、確実に返済していくことが可能であると判断された場合にのみ審査を通過することが出来ますが、この銀行カードローンに関してはこの部分の設定自体が甘いという特徴を有しております。そのため審査も通過し易く、借入を行い易いということになります。