主婦がカードローンを利用する際の必要知識

収入など個人の条件によって審査対象が変化するカードローン

 

主婦は大まかにパートやアルバイトで働いている兼業主婦と、働いていない専業主婦の二通りに分けられます。兼業主婦の場合は収入があるので、専業主婦と比べるとカードローンの審査が通過しやすい傾向があります。

 

注意しなければいけないことは、収入があるからといって好きなだけ借り入れをすることは出来ません。総量規制の法律があり、年収の三分の一以内の額しか借り入れ出来ない決まりがあるのです。

 

主婦がカードローンを利用するための条件

 

兼業主婦の場合は良いですが、専業主婦の場合ですと収入が無いため消費者金融会社のカードローンは法律違反となるため利用することが出来ません。ですから、カードローンを利用するための手段としては銀行系カードローンしか選択肢が無いのです。

 

審査基準には色々な項目がありますが、配偶者の収入や勤務体系が重要視されます。年収はもちろん、過去の借り入れ歴や勤務年数などが挙げられます。その配偶者に返済能力があると見なされれば、スムーズにカードローンの審査は通過するケースが多いです。

 

例えば、配偶者に未返済の借り入れがあったり仕事を転々としているような人の場合は安定した収入があったとしても審査に響きます。近年は、専業主婦を対象としたカードローンが普及している傾向があります。

 

専業主婦の場合は借り入れの限度額が低い傾向がありますが、急な出費には十分対応できる額です。持っていても使用義務はありませんから、万が一の為に作成しておけば生活の役に立つことでしょう。安易に利用できる分、借り入れを把握できなくなり自己破産に陥る人も増えている現実があるので利用するときは計画性を持つことを忘れてはいけません。