専業主婦でも申し込めるカードローンとは?

消費者金融系のカードローンは申し込めない

 

無収入の専業主婦は、消費者金融発行のカードローンには申し込めず、作ることはできません。これには法律の問題が絡んできます。その理由は、賃金業法の改定により、総量規制という制度が出来たからです。

 

法律による主婦のカードローン規制

 

この制度・法律によって、借り入れは年間所得の3分の1までしか出来ないと定められています。その為、無収入の専業主婦は、消費者金融で融資を受ける事も、カードローンを申し込むもできないのです。

 

それに対する一種の救済処置にあたる配偶者貸付も、夫の同意がなければ利用できない決まりになっています。ちなみに配偶者貸付とは、配偶者(結婚相手)と年収を合わせて、その金額の3分の1までならばお金を借りられるシステムです。

 

これを利用する為には、各種書類での提出が必要で、それは以下の3点です。夫の同意書、夫との夫婦関係を証明する書類、そして夫の収入証明書です。これらの書類作成は少し手間がかかる上に、『カードローンへの申し込みを夫には秘密にしたい』という主婦の方にとって、夫に知られずに書類を作るのは至難の技と言えましょう。

 

銀行系のカードローンなら申し込める

 

といっても、それはあくまで消費者金融系のカードローンのお話です。銀行系のカードローンなら問題なく作れます。なぜかというと、上記でご説明した総量規制の法律は賃金業法で運営されるものであって、銀行はそれとは別に銀行法という独自の法律が適用されている為です。

 

つまり、専業主婦の方がカードローンを申し込みたい場合は、銀行系のカードローンを検討すれば良いのです。また、大手銀行が発行するカードローンは沢山ありますので、これらを選ぶと安全で信頼のおける充実したカードローンを申し込む事ができるでしょう。