主婦の場合、カードローンの借入れの限度額はいくらに設定できますか。

専業主婦の方に限っていうと、30万円から50万円程度が借入れ限度額として設定されます

 

万が一の場合などにあると便利なカードローンですが、自分自身の収入のない主婦の方に関しては、たとえ審査で通ったとしても、借入れ限度額がかなり制限されてしまいます。

 

返済能力とはすなわち収入のことですので、ご自分では収入を得ることのない専業主婦の方の借り入れられる金額は、低く抑えられてしまうのです。

 

収入のある主婦は借入れができる。

 

主婦の方であっても、バイトやパートなどで収入のある方に関しては、原則年収の3分の一までの借入れを行うことが出来ます。バイトやパートなどの仕事をしている主婦の方がカードローンに申し込んだ場合、借入れ限度額はいったいいくらに設定されるのでしょうか。それぞれのカードローンの規定や方針によって違いはありますが、ほとんどの場合、主婦の方の借入れ限度額は300万から500万の間に設定されるようです。

 

さてこの限度額ですが、まず新規の顧客に対して、プランで設定されている最高限度額が承認されることはまずありません。貸付ける側としては、新規に顧客に関しては、返済能力はあるとみなしているものの、どれくらい返済期日をきちんと守れるか、などについては未知数だからです。

 

主婦の場合、借入れ金額はどうなる?

 

つまりはじめての利用では、最高限度額ぎりぎりの借入れは行うことができないのが普通です。借入れ限度額を増額したい場合には、地道にこつこつと返済を重ねていき、返済履歴を優良なものにしなければなりません。利用していくうちに貸付ける側と借り入れる側との信頼関係が増していくと、限度額の増額に応じられるようになります。

 

では専業主婦の場合はどうでしょうか。自分自身の収入のない専業主婦ですので、借入れ金額はかなり制限されます。一般的には30万から50万程度ということが多いようです。ただ30万円以上は確実かというとそうでもなく、たとえば配偶者の方の返済履歴や収入などによって、借入れ金額が10万円からということもあるようです。