主婦でも利用できるカードローン特集

借入れしたら返済しなければならないということを常に頭に入れておく必要があります。万が一のときにあると便利なカードローンですが、計画無しに借入れていくと、やがては返済に四苦八苦するようになります。昨今では主婦の方のカードローンによる借入れが増えています。計画的に利用すべき主婦のカードローン予期せぬ出費があり少し生活費の足しにする程度でしたら問題ありませんが、衝動的に借入れ、返済についての明確なプラン...

専業主婦の方に限っていうと、30万円から50万円程度が借入れ限度額として設定されます万が一の場合などにあると便利なカードローンですが、自分自身の収入のない主婦の方に関しては、たとえ審査で通ったとしても、借入れ限度額がかなり制限されてしまいます。返済能力とはすなわち収入のことですので、ご自分では収入を得ることのない専業主婦の方の借り入れられる金額は、低く抑えられてしまうのです。収入のある主婦は借入れ...

主婦は家計のやりくりを毎日行っており、食費や生活雑貨、光熱費の支払いなど毎日の生活に関わるものから、子供の教育費や、車の維持費に保険代に税金と本当に出費は多いものです。そんな中に親戚の結婚式や家族旅行などが入ってくると日々の収入だけではちょっと足りないかも、と言う場合もあるでしょう。蓄えがあるのであればそこから捻出することはできますが、まとまった貯金がないという場合には困ってしまうことになります。...

消費者金融系のカードローンは申し込めない無収入の専業主婦は、消費者金融発行のカードローンには申し込めず、作ることはできません。これには法律の問題が絡んできます。その理由は、賃金業法の改定により、総量規制という制度が出来たからです。法律による主婦のカードローン規制この制度・法律によって、借り入れは年間所得の3分の1までしか出来ないと定められています。その為、無収入の専業主婦は、消費者金融で融資を受け...

パートでも安定した収入とみなされれば申し込み可能消費者金融系のカードローンは総量規制の法律が出来て以降自身に収入のない専業主婦は申し込みが出来なくなりました。ですが銀行系のカードローンは総量規制の法律の対象外なため自身に収入のない専業主婦でも申し込みは可能です。そしてパートなどで毎月一定の収入を得ている主婦の場合は消費者金融系のカードローンであっても申し込みは可能となります。安定した収入がある場合...

収入など個人の条件によって審査対象が変化するカードローン主婦は大まかにパートやアルバイトで働いている兼業主婦と、働いていない専業主婦の二通りに分けられます。兼業主婦の場合は収入があるので、専業主婦と比べるとカードローンの審査が通過しやすい傾向があります。注意しなければいけないことは、収入があるからといって好きなだけ借り入れをすることは出来ません。総量規制の法律があり、年収の三分の一以内の額しか借り...

毎月、一定の額を貯金できるくらいの余裕があれば、突然まとまった額の出費が必要になっても、柔軟に対応できるかもしれません。しかし、実際には、なかなかそんな余裕はないという方が多いのではないでしょうか。毎月の生活費や支払いだけで精一杯、という状態では、いざという時のための貯金をしておくのも難しいものです。いざという時のために、即日で融資して欲しいという主婦の方もたくさんいらっしゃるでしょう。カードロー...

カードローンと聞くと、安定した収入のある人しか作れないイメージがありませんか?ということは、無職の人や主婦などは到底持つことは絶対に無理ということになりますよね。しかし、そんなことはないのです。「一定の収入があれば」などの条件はつきますが、無職者や主婦でも融資可能なカードローンが意外にあったりします。しかし、無職なのに収入?という疑問が生じますよね。では、その収入とは何を指し、どんな状況なら融資を...