専業主婦が総量規制の中でお金を借りる方法

総量規制というルールは、ニュースなどでもたびたび報道されたので知っているという人も多いでしょう。総量規制とは簡単に言ってしまうと、自分の年収の1/3を超えて借入のできないルールをさします。

 

多重債務になって苦しむ人が多いので、そのような状況にならないようにするための対策です。しかし総量規制が適用されると、専業主婦は困ってしまいます。専業主婦は、自力の収入がないので借入ができなくなってしまうのです。

 

専業主婦が借入れする方法はある?

 

厳密に言えば、専業主婦でも借り入れは可能です。配偶者に安定した収入があれば、借り入れが可能です。しかしそのためには、配偶者の収入を証明する書類や配偶者が奥さんの借入れに同意していることが条件となります。中にはできることなら旦那さんに内緒で借入したいという人もいるでしょう。このような内緒の借入のできる方法はないのでしょうか?

 

そこでおすすめの方法は、銀行カードローンを使ってお金を借りるという方法です。先ほど紹介した総量規制というのは、貸金業法の改正で出てきた新たなルールです。消費者金融系のカードローンであれば、貸金業法の規制を受けます。

 

しかし銀行は貸金業者ではないので、貸金業法に適用を受けません。すなわち総量規制のルールに従うルールはないわけです。このため、自力での収入が全くない専業主婦でも配偶者の同意なしで借り入れが可能なわけです。

 

ただし専業主婦の場合、借り入れ可能な額には限度があることも頭の中に入れておきましょう。銀行によって判断が分かれますが、30万円前後を借入限度額にしている所が多いです。まとまった借入ができないのを理解した上で、うまく活用して家計のやりくりをしていきましょう。